ライブチャット求人

ライブチャット求人

WEBサービス オンラインゲーム


カジノゲーム     文字アイコン


HOME>


リンクサイト2>


オンラインゲーム>



オンラインゲーム

オンラインゲーム


オンラインゲームの紹介をしています


オンラインゲーム


電子書籍の紹介を
しています
ライブチャットの
紹介をしています
オンラインゲーム紹介
のリンクサイト1です
オンラインゲーム紹介の
リンクサイト2です

国立市

国立市(くにたちし)は、東京都の多摩地域中部に位置する市。 中央線の国分寺駅と立川駅の中間(西国分寺駅は後から開設)にできる新しい駅とこの地区に、両駅から1字ずつ取って国立と名付けられたことが市名の由来である。駅名から市町村名が採用されるのは、全国的に珍しい例である。 北部をJR中央線が、中央部やや南寄りをJR南武線と甲州街道が、南部を国道20号 日野バイパスがそれぞれ東西に通っている。中央線の国立駅の南口に一橋大学国立キャンパスが位置し、国立駅から南武線の谷保駅まで真直ぐ大学通りと呼ばれる大通り(東京都道146号国立停車場谷保線)が通っており、新旧の中心街を結んでいる。大学通りは桜並木が立ち並び、春には多くの市民が訪れる。おおむね南武線に沿った河岸段丘の段丘崖の上は住宅地、下は農耕地となっていたが、最近では宅地開発の進捗もあり段丘崖の下でも住宅が増えている。 かつて国立市が町制施行前の名称である谷保村だった頃、中心は谷保であり、武蔵野台地の崖線下の豊富な湧水と谷保天満宮の存在が集落を形成させた。特に初期の甲州街道は府中を出ると谷保付近で崖線を下り、多摩川を渡っていた。その後、渡河地点が上流の日野の渡しに固定されることで道筋が台地の上に移り、今日に到っている。その名残が谷保天満宮に見てとれる。甲州街道沿いには蔵のある農家が並んでいる。 崖線の上は大正時代までは甲州街道沿いを除き雑木林だったが、西武グループの創業者である堤康次郎の設立した箱根土地株式会社(コクドの前身)が中央線に国立駅を設置し、学園都市構想に基づき東京商科大学(現・一橋大学)を神田区(現・千代田区)一ツ橋から誘致した。国立大学町は、堤が箱根土地技師の中島陟とともに見たドイツの学園都市・ゲッティンゲンをモデルに地区開発を行ったと言われるが、堤によると、国立大学町は最初より大学を中心として地区を定め、停車場より道路下水に至るまで理想的に都市計画を実施したもので、かつて外国にもその例を見ないものであった。1926年に分譲開始、同時に箱根土地によって建設された国立駅が鉄道省に譲渡され開業し、以降は東京郊外の文教都市として住宅地の範囲が拡大した。1950年に朝鮮戦争が勃発し、隣の立川市にアメリカ軍基地(立川飛行場)があることから、多くの在日アメリカ兵が進駐してきたため、米兵を対象とした飲食店などが国立市でも見られるようになり、治安の悪化が懸念された。1950年代には文教地区の指定を巡って街の風紀や景観を守りたい市民や学生などの賛成派と、経済発展の障害になることを危惧した反対派によって大論争が起こった。結局、町議会は文教地区指定を議決し、都に申請して1952年に文教地区の指定を受けた。指定を受けた駅から半径1.3kmの地区は風営法の対象となる飲食店やホテルなどの設置や営業に関して制限を受ける。

検索

求人